サービス内容で選ぼう!評判が良いおすすめのフロアコーティング業者をランキングで紹介しています!

フロアコーティングで床が滑りやすくなる?それとも防止効果がある?

公開日:2023/06/15  最終更新日:2023/04/24


フローリングのキズや汚れを防止して見た目を美しくするフロアコーティングですが、足元が滑りやすくなるのでは?という不安を持つ人もいるでしょう。今回はフロアコーティングの滑り防止効果や滑りにくくなる理由、正しい施工方法について詳しく解説するため、フロアコーティングを検討している人はぜひ参考にしてください。

フロアコーティングは床が滑りやすくなる?

フロアコーティングは床がツルツルになるイメージがあるため、施工によって床が滑りやすくなるのでは?と考える人もいるでしょう。特に小さな子どもや高齢者、ペットがいる家庭では、ケガや転倒を防ぐために滑り防止効果にはこだわりたいところです。

ここでは、フロアコーティングによる床の滑りやすさについて詳しく解説します。

フロアコーティングの種類によって滑りやすさが変わる

フロアコーティングにはさまざまな種類があり、耐久性に優れたものや光沢感が特に美しいもの、掃除が楽なものなど、それぞれで特徴が異なります。滑り防止効果を求める場合は、シリコンコーティングやUVコーティング、ガラスコーティングを選択するのがおすすめです。

施工不良やメンテナンス不良によって滑りやすくなる場合がある

フロアコーティングを行っても、施工不良・メンテナンス不良により滑り防止効果が得られないケースもあります。価格重視で施工会社を選択してしまうと、雑な作業でフロアコーティングの十分な効果が得られなかったり、ムラができてしまったりするケースもあるでしょう。

安く施工できるのに越したことはありませんが、信頼できる業者であるかどうか、口コミなどをチェックするようにしてください。また、高い滑り防止効果を維持するには、メンテナンスも重要です。

️防滑剤を添加することで滑りにくくすることができる

滑り防止効果をより強化したい場合には、週に1回ほどスプレーワックスなどの防滑剤を使用するのもよいでしょう。また、業者によっては滑り防止効果を強くするコーティングを選択できる場合もあります。

フロアコーティングの滑り防止効果とは

フロアコーティングによる滑り防止効果は、小さな子どもや高齢者、足が悪いペットなどがいる家庭では特に重視したい要素のひとつです。子どもや高齢者はフローリングで滑ることによりケガや転倒につながりやすく、また、ペットは足を滑らせることで股関節を痛めるケースも少なくありません。

ここでは、フロアコーティングにより滑りにくくなる理由について解説します。

フロアコーティングによって滑りにくくなる理由

フロアコーティングは床に艶感がでることから、見た目では滑りやすく見えるでしょう。しかし、フロアコーティングは樹脂で床がコーティングされるものであるため、フローリングをそのまま歩いたときと比較すると、足元のグリップ・ブレーキが強化されます。ただし、コーティング剤の艶タイプによってグリップの強さに差が出ることがあるので注意しましょう。

フロアコーティングの正しい施工方法と注意点

フロアコーティングの施工の流れや注意点について解説します。

️床の素材に合わせたコーティング剤の選定

フロアコーティングの実施前に、まずはコーティング剤の選定が必要です。施工主が重視したい効果に合わせて選択するのはもちろん、フローリングの素材に合ったコーティング剤を選ぶことも重要です。

床の表面の清掃と下処理

ゴミが入らないよう床をきれいに清掃し、目立つ傷があればコーティング前に修復するケースもあります。フローリングに穴がある場合には、コーティング前にパテ埋めすることが多いです。

コーティング剤の均等な塗布方法

コーティング剤は乾くのが早いため、均等に塗るには専用のモップで少しずつ・すばやく塗布することが重要です。スムーズに塗布するコツとして、塗り始める前にルートを決定しておくのがおすすめとなります。

コーティング剤の乾燥と硬化にかかる時間と環境

コーティング剤は塗るとすぐに乾燥して固まり始めます。コーティング剤は、温度が高いほど乾燥しやすく、低いほど乾燥しにくいです。また、湿度が低いほど乾燥しやすく、高いほど乾燥しにくいのも特徴です。

施工後のメンテナンス方法

フロアコーティングの施工後は、基本的に乾拭きや掃除機で問題ありません。汚れが付着している場合は部分的に水拭きしましょう。また、油汚れなどが付着した場合には、中性洗剤を使用することも可能です。

コーティング剤によっては注意が必要

日頃のメンテナンス方法は、コーティング剤の種類によっても異なります。たとえばUVコーティングの場合、乾拭きは傷つきやすいため水拭きが向いています。また、中性洗剤を利用する場合は、50倍程度に薄めることが必要です。使用するコーティング剤の種類に合わせたメンテナンス方法を十分にチェックして、床を美しく保ってください。

まとめ

今回は、フロアコーティングによる滑り防止効果と正しい施工方法について詳しく解説しました。フロアコーティングは床に艶感が出ることから滑りやすくなるという印象が強いですが、実際には足元のグリップが強くなり、滑り防止効果を得られます。フロアコーティングの際は、床材に合わせたコーティング剤の選択が重要です。

また、塗りムラを防ぐため、あらかじめルートを決めておいたうえで少量ずつすばやく塗布することを意識しましょう。フロアコーティングは自分で行うことも可能ですが、不安な場合は業者に依頼するのもひとつの手です。滑り防止のためフロアコーティングを検討している人は、今回の記事をぜひ参考にしてください。

フロアコーティング業者おすすめ比較ランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社・商品・サービス名株式会社COLOR
(株式会社カラー)
森のしずく
(株式会社ゆはかのこ)
株式会社GOOD LIFE
(グッドライフ)
エコプロコート
(エコプロコート株式会社)
ハードプロテクト
(ハードプロテクト株式会社)
メリット・デメリットすべてに誠心誠意。お客さま思いの優良業者ガラスコーティングを中心に展開している業者創業以来、フロアコーティング一筋の業者自社商品を開発・進化させている老舗業者暮らしにやさしいフロアコーティングを提供
詳細リンク公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら
サイト内検索
記事一覧