サービス内容で選ぼう!評判が良いおすすめのフロアコーティング業者をランキングで紹介しています!

床材情報の確認と現地調査に行っている業者は良い業者

公開日:2019/12/01  最終更新日:2019/11/11


これからフロアコーティングをおこなう場合には、業者選びが重要になるところです。だれもが良い業者に依頼したいと考えているのは間違いありませんが、どのようにしてよい業者を選ぶべきかは問題になります。このとき、いくつかの基準があればわかりやすいでしょう。

床材情報を仕入れる業者は安心できるといえる

良い業者といってもさまざまな種類がありますが、ここで言う良い業者とは、単に笑顔がよいというものやスピードが速いというものよりも、質が高いことを意味します。

だれもがお金を払う以上は、それなりの質に仕上げてほしいと考えるでしょう。もし、自分たちが想像する以上に質の高いものに仕上げてもらえば、それだけ顧客満足度も高まり再び利用したいと考えるかもしれません。

その高い業者のポイントの一つは、床の材料をよく確認することです。床の材料といえば、一般的に利用されているものが合板材のフローリングになります。マンションや建売住宅のほとんどは、合板材のフローリングが利用されているといえるでしょう。

なぜ合板材を利用するかといえば、ある程度きれいな状態に仕上げられるだけでなく加工が簡単だからです。そのため、フローリングを敷き詰めた場合でもそこまで時間がかかるわけではありません。

そして、合板材はほかの素材に比べても費用が安いです。なぜなら、一つの木材から作り出されたものではなく、たくさんの木材を合わせて作りだしたもののため、加工する費用はかかったとしても、年物に比べれば簡単に手に入れることができます。これが合板材が安い理由の一つです。

一方で、注文住宅の一部では無垢材をフローリングとして利用している例もあります。無垢材とは天然の木から作ったもので、いくつかの木材を合成させているわけではありません。そのため、価値が高いのが特徴になります。

このように、大きく分けてもフローリングには2種類ありますが、その材質を考えてフロアコーティングのやり方を考える業者は非常に細かいと言えます。そして、この細かさがフロアコーティングの耐用年数にもつながるといえるでしょう。もし、事前にフローリングの状態を確認させてほしいと言われれば確認してもらうのが一番です。

現地調査をしっかりしてくれる業者は安心できる

これからフロアコーティングをする場合には、現地調査をしっかりしてくれる業者は安心できるといます。現地調査とは、例えばトラックをどこに止めるかなどの問題になります。

田舎ならば、建物の前に止めておいても問題ありません。また、住宅地でも家の前の道が広ければ、建物内にトラックをとめていても問題はないでしょう。ところが、東京23区などのように建物と建物が密集している地域に関しては、可能な限り事前に調査をおこないどこにトラックを止めたらよいのかを調べておくことが必要です。

たいていの場合は、こっそりと調べに来るわけではなく見積もりの段階で考えているでしょう。見積もりのときに現地調査を簡単におこなっているところがあるとすれば、安心して任せることができる業者といっても過言ではありません。

それ以外でも、荷物の搬入などのため玄関までの距離や玄関から建物に入るときの幅の広さなども確認をすることが多いです。最近は、比較的広い玄関の家が多くなりましたが、一昔前の住宅の場合は玄関が狭く荷物を持って入りにくいところもあります。そのように、建物の状態を調べることにより荷物の搬入しやすさなどを確認することが可能です。

現地調査をするときに協力するべきこととは

せっかく業者が現地調査をしてくれるのに、顧客の方が協力しなければ十分な施工することはできない可能性が高まります。そこで、顧客としても可能な限り業者に協力をして調査を手伝ってあげることが重要です。

例えば、築年数などを聞かれることもありますが、このときそこまではっきりとしておく必要はないので、おおよそ何年ぐらいと答えられるようにしておく必要があります。それにより、選ぶコーティング剤が変わってくるからです。

例えば、築年数が5年以内の場合には思い切ってある程度耐用年数の長いガラスコーティングなどを使ってみる方がよいと判断する業者もあります。ガラスコーティングならば、20年から30年ぐらいは長持ちするため、新築や築年数の浅い家に在ぴったりだからです。

逆に、ある程度建物が古くこれからリフォームを考えていない場合には30年先まで長持ちするものを利用しても意味がないでしょう。このように、業者ならではの視点で現地調査をおこなうことがあるため、十分に協力をするべきです。

 

フロアコーティングの業者を選ぶ場合は、フローリングの材料を事前に調べてからコーティング剤を選ぶ業者は安心できます。事前にフローリングの材料を調べることで、よりそれに適したコーティング剤を選ぶことができるからです。

後は、現地調査などをする業者もあります。現地調査をすることで、どこに自動車を止めたらよいかなどが明確になってくるだけでなく、築年数などがわかればその築年数に対してぴったりの耐用年数のコーティング剤を利用してくれるでしょう。

フロアコーティング業者おすすめ比較ランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社・商品・サービス名株式会社COLOR
(株式会社カラー)
森のしずく
(株式会社ゆはかのこ)
株式会社GOOD LIFE
(グッドライフ)
エコプロコート
(エコプロコート株式会社)
ハードプロテクト
(ハードプロテクト株式会社)
メリット・デメリットすべてに誠心誠意。お客さま思いの優良業者ガラスコーティングを中心に展開している業者創業以来、フロアコーティング一筋の業者自社商品を開発・進化させている老舗業者暮らしにやさしいフロアコーティングを提供
詳細リンク公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら
サイト内検索
記事一覧