サービス内容で選ぼう!評判が良いおすすめのフロアコーティング業者をランキングで紹介しています!

フロアコーティングの保証って何をするの?

公開日:2022/05/15  最終更新日:2022/05/13


キズがつきにくく、汚れを落としやすいフロアコーティングですが、場合によっては損傷やコーティングが剥がれることもあります。特に子どもやペットがいる家庭では、フロアコーティングをしてもきれいに保てるか、不安になる人も多いでしょう。そんなときに頼りになるのが保証制度です。保証期間や保証の対象について見てきましょう。

一般的なフロアコーティングの保証

フロアコーティングは耐久年数が長く、10年から20年以上効果が持続するといわれています。そして、耐久年数が長い分、保証期間も10年単位で長く設定されています。しかし、保証内容は業者によってさまざまです。一般的なフロアコーティングの保証は、どのくらいの保証期間が設けられ、どんなものが含まれるのでしょうか?

無償対応のケースもありますが、キズがついた原因やコーティングが剥がれた状況によっても対応が変わるようです。

■長期間の保証

フロアコーティングは種類にもよりますが、10年以上、さらに20年以上効果が持続するものもあります。耐久年数に合わせて保証が受けられる期間も長く、20年保証や30年保証を掲げる業者も多く存在します。定期的な床の張り替えをしなくていいように、フロアコーティングを依頼する人も多いので、長期の保証があればさらに安心です。

■無償対応と有償対応のケースがある

保証される内容には、無償対応されるものと有償対応になるものに分かれます。損傷した原因や状況によって、対応が決まるようです。依頼者が安心できるよう、また、クレーマーからの無茶な要求を退けるためにも、保証書には無償対応の範囲が提示されています。契約の前に、無償対応の範囲をしっかりと把握しておきましょう。

無償対応ではどんなことをしてくれるのか

無償対応可能な損傷とは、どのようなものを指すのでしょうか?また、どんな処置をしてくれるのでしょう?業者によってもさまざまですが、日常生活を送るうえでは、しかたない場合かどうかがポイントのようです。

■無償対応の範囲

たとえば、子どもやペットが汚した床を水拭きして、コーティングが剥げたケースや、どの家庭にもあるような、市販されている薬品の付着により表面を損傷したケース。このように、フロアコーティングの注意事項を守ったうえでのキズや剥がれは、無償で対応してくれる業者が多いようです。

また、フロアコーティング施工後の仕上がりの悪さなど、あきらかに業者側のミスによる施工不良は無償対応になります。しかし、使用上のマニュアルを無視した行為による損傷や、施主側の故意による損傷は、無償対応の範囲外です。

また、業者によってさまざまですが、天災や日常では予測できない事態による損傷も、無償対応に含まれないでしょう。無償対応はできなくても、有償なら対応してくれる業者もあるので、何かあれば一度相談してみることをおすすめします。保証を受けるときには、保証書を必ず提示しなければなりません。いくら無償対応の範囲でも、保証書がなければ直してもらえないので、きちんと保管しておきましょう。

■損傷部分の補修または復元

フロアコーティングは、損傷部分の補修できれいになります。また、損傷部分の復元が可能な種類もあり、その場合は強度も保てます。フローリングの場合は、損傷部分を含む広範囲の張り替えや全面張り替えが必要ですが、フロアコーティングをしていれば、床を張り替える必要がありません。損傷部分のみの施工になるので、有償対応になったとしても、補修範囲が最小限で済みます。

保証内容は業者によって異なるためしっかり確認しよう

保証期間や保証内容を紹介してきましたが、細かい定義は一律で定められておらず、業者によって異なります。なかには、実質無償対応は存在しないような保証内容を掲げる、悪徳業者もいるようです。悪徳業者に引っかからないよう、契約前のチェックポイントを紹介します。

保証の範囲を確認する

保証内容が書かれた資料をしっかり読み、保証年数や無償対応の範囲を確認しましょう。難しい言葉で書かれていて内容が把握しづらい場合は、担当者に口頭での説明を求めましょう。資料のどの文章がそれにあたるのか、納得するまで説明を聞けば安心です。

■具体例を出して質問する

生活スタイルは、人それぞれ違います。子どもがいる家庭や、ペットを飼っている家庭、日常で想定される床のキズや剥がれも、生活スタイルによって変わります。

自分たちが生活する中で想定される損傷について、無償対応に含まれるのか聞いておきましょう。業者によっては、ペットの尿で剥がれた場合も無償対応してくれるところもあるようです。しかし、曖昧な表現をして、実際は日常生活での損傷も保証してくれない業者も存在するので注意しましょう。

 

基本的に業者側の不備や日常生活の中での損傷であれば、保証内容に含まれ、無償対応してくれる業者がほとんどです。しかし、保証期間が長いだけで、内容はずさんなものだったというクレームがあるもの事実です。保証期間の長さも大切ですが、特に内容を確認し、自分たちのライフスタイルに合っている業者を選びましょう。

また、経済的な面でもフロアコーティングはおすすめです。フローリングは、日常生活での損傷によって傷んでいき、定期的な張り替えが必要になります。フロアコーティングをしていれば、無償対応で解決することも多く、結果的にコスト削減につながります。品質に自信を持っている業者ほど、きちんとした保証を提示することを覚えておきましょう。

フロアコーティング業者おすすめ比較ランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社・商品・サービス名株式会社COLOR
(株式会社カラー)
森のしずく
(株式会社ゆはかのこ)
株式会社GOOD LIFE
(グッドライフ)
エコプロコート
(エコプロコート株式会社)
ハードプロテクト
(ハードプロテクト株式会社)
メリット・デメリットすべてに誠心誠意。お客さま思いの優良業者ガラスコーティングを中心に展開している業者創業以来、フロアコーティング一筋の業者自社商品を開発・進化させている老舗業者暮らしにやさしいフロアコーティングを提供
詳細リンク公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら
サイト内検索
記事一覧