サービス内容で選ぼう!評判が良いおすすめのフロアコーティング業者をランキングで紹介しています!

フロアコーティングのタイミングってどの時期がおすすめ?

公開日:2019/11/15  最終更新日:2019/10/25


フローリングをフロアコーティングすると、見た目がきれいに見えるだけでなく汚れや傷などが付きにくくなる可能性が高まります。ただそうはいっても、フロアコーティングをするのにもタイミングは重要になります。タイミングを間違えると、十分な効果を得ることができない可能性もあるでしょう。

物件に入居する前におこなう方法はどうか

住宅を建築した場合やマンションを購入した場合などは、入居前にフロアコーティングをするのも一つの方法になります。なぜわざわざ入居前にフロアコーティングをする必要があるのでしょうか。これに関しては、理由は非常に簡単で部屋に何も置かれていない状態だからです。部屋に何も置かれていなければ、コーティングをするのにわざわざ部屋の荷物をどかす必要はありません。そもそも荷物がないためその手間を省くことが可能になります。

そして、建築や購入したときにおこなうことで、乾燥するまでの時間がある程度かかったとしてもそれほど問題ないことが多いです。入居日が4月1日の場合、三月の中旬から下旬ぐらいにコーティングをおこなっておけば、少なくとも入居する日には完全に乾いているでしょう。

ただこの場合も、部屋の中ににおいがしばらく残ってしまうことも考えられます。そうだとすれば、入居する前の段階に床をきれいにしたうえで窓の開け閉めなどを定期的におこなっておくことが必要になるでしょう。

最近建築されている住宅のほとんどは24時間換気ができるようになっているため、多少の空気の入れ替えは可能です。ですが、できればコーティングをしてから数日後に建物を訪れて数時間窓を開けておくのがよいです。決してにおいは毒になるわけではありませんが、場合によっては気分を害してしまうことも考えられます。

入居前におこなったほうがよい理由の一つは、不動産会社や建築業者がコーティングの業者を紹介してくれる可能性があることです。自分たちで見つけると手間がかかることが多いため、すべて不動産業者に任せてしまったほうがよいといえるでしょう。少なくとも、不動産業者が選んでくれる業者は悪質なところはまずなく、信頼できるといえます。

時期によってどのタイミングがよいかを考える

フロアコーティングをする場合には、その時期に考える方法があります。基本的には、コーティングを急ぐことはあまり考えられないはずです。そのため、可能な限り時期を選んだほうがメリットがあるといえるでしょう。

メリットの一つは、金銭的なメリットになります。ハイシーズンと呼ばれる時期に業者を選んでしまうと、料金が高くなる恐れもあります。ちなみにハイシーズンとは、三月から四月ごろです。この時期は、新しくその家に住みはじめることが多く同時にフロアコーティングもやってしまおうと考える人も少なくありません。

そうだとすれば、フロアコーティング業者としてもその時期の値段をわざわざ下げる必要はないわけです。むしろ、相場よりも少し高めに設定しても多くのお客さんを獲得することが可能なため、顧客としてはあまり安く施工してもらうことは難しいです。

これに対して、人気のないシーズンもあります。例えば、八月から九月ごろなどは特に引っ越しが多いわけではなく業者を利用する人もそこまでいません。業者の立場からすれば、引き算を振のときこそ割引きをしてでもたくさんのお客さんを取り込もうとします。

もし、一年中いつでも業者に任せることができるとすれば、忙しくない時期を選びやすくしあげましょう。結果的に、無駄にお金を使わないことにより金銭的な心配ごとをなくすことができるでしょう。

表面が乾きやすい時期を選ぶのも良い

フロアコーティングをする場合には、コーティングをしてからすぐにその建物の中に入ることができるわけではありません。少なくとも数日の間は入らないほうがよいといえます。

ただ、時期によってはすぐ乾燥することもあります。逆に、なかなか乾燥しない時期もあるといえるでしょう。すぐ乾燥する時期は、湿気が少ない時期になるため十二月から三月ぐらいにかけてになるでしょう。当然この時期は引っ越しが多いため、うまく引っ越しの時期を避けて業者に依頼すると良いです。

これに対して、乾燥しにくい時期とは、梅雨の時期になります。本州ならば、六月の初めごろから梅雨が始まることがありますが、少なくとも六月の下旬には梅雨入りしているはずです。そうだとすれば、あえてこの時期を避けることが必要になるでしょう。

ただ、フロアコーティングをおこなってからしばらく入居しなかったり、多少日数がかかっても問題ないと考える場合には、どの程度乾燥するかなどを気にする必要はありません。

 

フロアコーティングをするタイミングの一つは、物件に入居する前になります。入居する前ならば、部屋の中のものなどが搬入されていないためコーティングをするのにも手間がかかりません。

コーティングを依頼する場合には、ハイシーズンを避けるようにしましょう。ハイシーズンは、予約が取りにくいだけでなく金額が高くなる可能性もあります。後は、コーティング自体が乾燥しやすいかどうかで決めるのも一つの方法です。冬場などのように空気が乾燥しているときは比較的早く乾燥します。

フロアコーティング業者おすすめ比較ランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社・商品・サービス名株式会社COLOR
(株式会社カラー)
森のしずく
(株式会社ゆはかのこ)
株式会社GOOD LIFE
(グッドライフ)
エコプロコート
(エコプロコート株式会社)
ハードプロテクト
(ハードプロテクト株式会社)
メリット・デメリットすべてに誠心誠意。お客さま思いの優良業者ガラスコーティングを中心に展開している業者創業以来、フロアコーティング一筋の業者自社商品を開発・進化させている老舗業者暮らしにやさしいフロアコーティングを提供
詳細リンク公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら
サイト内検索
記事一覧